読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUCH

イラストでちょっとひと休み

絵本の制作過程・細部(7) ~お母さんの匂い~

絵本の制作過程・細部

7ページ目の制作過程を載せました

f:id:a88122567:20170225143213j:plain

こんにちは(*^^*)

 

最近ものすご~く、眠気に襲われております。

全然眠れないときと、すごく眠くてしょうがないときが周期的に来るのですが、今は寝ても寝ても寝足りないときで(笑)

なので、昨日は意識的に沢山寝まくりました。

だいぶすっきりした感じです(^^)/

 

さて、今回も前回に引き続き、絵本「よぞらとほしとくま」で使用したイラストの制作過程の記事になります。

ちなみに、絵本「よぞらとほしとくま」のお話しは、こちらから読むことができます。

such.hatenablog.jp

such.hatenablog.jp

 

制作過程

ちょっと、今回の絵の制作過程は、とても時間がかかってしまったために、すごく長くなってしまいました(40枚くらい)(;^_^A

なので、途中までGIF動画にして省きました。 

f:id:a88122567:20170225145837g:plain

なんとなく構図を決めて

下書きしてから

描きこみしています。

 

くまさんのおうちの中は、

近代的にしてみました。

 

食器用洗剤や

電子レンジがあったほうが、

くまさんがこんなの使うんだ⁉

っていう意外性があって

面白いかなって思ったのと、

人間と近い生活スタイルの方が

親近感が湧くのかなと…

f:id:a88122567:20170225144740j:plain

冷蔵庫の磁石やメモが

ずれている感じや、

 

お父さんとお母さんが

お仕事で忙しいので、

洗い物がそのまま

溜まってしまっているところを

描くことで、

 

生活感を出してみました。

f:id:a88122567:20170225144745j:plain

背景にある物の影を加えました

f:id:a88122567:20170225144749j:plain

お魚を描いていきます

f:id:a88122567:20170225144754j:plain

お魚から優しさとか

暖かみが感じられるように

使う色にはかなりこだわりました。

お母さんの温かさみたいなのが

出せていたらいいのですが…

f:id:a88122567:20170225144800j:plain

煮魚の汁や

湯気を描いていきます。

ここで、完成してきたかな?

と思ったのですが、

次の日改めて見たら、

構図がおかしかったのです(:_;)

背景の透視図法がなんかおかしい…

ということで、

背景をかなり修正しました。

修正後は一点透視図法にしています。

f:id:a88122567:20170225144811j:plain

背景の透視図法を修正中です。

となりに星を描きました。

最初はくまさんがセンターの

構図にしようかと思ったのですが、

隣に誰もいない感じを出すのと、

星が側にいてくれている感じを出すには

この構図の方が良いと思って

変更しています。(詳しくは上の動画で)

f:id:a88122567:20170225144815j:plain

やっと完成しました(;^_^A

  

形をとることに時間をかける大切さ

続けて何時間も集中して描いていると、客観的に見れなくなってしまって、こういうミスがたまにあります。

木を見て森を見ずみたいな。

描きこみに集中していて全体が見えてないみたいな。

ミスに早く気が付く能力も大事ですよね~。

 

これはデジタル画なので、変形ツールを使って…消しゴムツールで消して…その上から描き足したりして…

そんな感じで、なんとか描いたのものを残しつつ、違和感なく修正できたのですが、(それでも修正に2、3時間かかってしまいました)

アナログだったら全部描き直しだから、大変だっただろうな …。

 

そして今回の絵は、「さあ、細部を描きこもう!」としても、なんだかなかなか手が進んでいかなかったんです。

こういう構図がちゃんとしていない、骨組みがちゃんとしていない絵って、描きこみしにくいというか、なかなか手が進みません。すごく時間がかかってしまいます。

これは、高校生の時、デッサンの勉強をしていた時に先生によく言われたことです(;^_^A

 

形がしっかりとれていたりとか、透視図法がバチっと決まっている絵は、細部を描きこむのは早いです。完成までの時間もめちゃ!早いです。

そして、絵を描くときに一番時間をかけなければいけないのは、実は細部の描きこみではなく、この、「構図をしっかり決めること、形をしっかりとること」です。

自分が描きやすい構図、描きにくい構図というのもあると思います。

そして良い構図は、完成したときになんというか画面にハリがあります。

つまり設計図とか骨組みが大切なのと一緒ですね。

 

絵を描いていて、「なかなか手が進まないよ」という方がいらっしゃったら、構図や形がちゃんととれているかどうかをまず見直してみるといいかもしれません。

 

そしてこれを書きながら、なかなかできない自分にも言い聞かせています(:_;)(つд⊂)エーン

 

細部

f:id:a88122567:20170225154749j:plain

フライパンの沢山使った後とか、

やかんのシミとか、

そういう部分も大切にしました。

f:id:a88122567:20170225154752j:plain

植物を描くのは

かなり好きなのですが、

今回も沢山の色に支えられて

絵が描けています

f:id:a88122567:20170225154755j:plain

電子レンジ。

これもちょっと汚しました。

f:id:a88122567:20170225154759j:plain

煮魚。

私はすごく魚大好きです。

肉より魚派。

海の味と香りが好き。

川魚はどちらかというと苦手です。

焼きさんまの小骨も噛んで食べます。

煮魚なら、なおさら骨までおいしい(笑)

お魚さん、ありがとう。

 

ご覧くださり、ありがとうございました(*^^*)