読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUCH

イラストでちょっとひと休み

【絵本】「よぞらとほしとくま」6~10

絵本

よぞらとほしとくま

f:id:a88122567:20170219144835j:plain

6~10を更新しました(*^^*) 

 

★前回までのあらすじ★

星の輝く夜、釣りをしていたくまさん。

何も釣れず、もう帰ろうか迷っていると、一匹の鳥が現れました。

くまさんはせっかくなので、その鳥にお話を聞いてもらうことにしました。

そうしていると、水面がゆらゆらと不思議に輝く池から星を釣り上げたのです。

くまさんは、その星を「空に住んでいるだれかが池に落してしまったのだ」と考え、どうにかして持ち主に返してあげたいと思いました。

 

★前回のお話しはこちら★

such.hatenablog.jp

 

6~10

f:id:a88122567:20170219145239j:plain

くまさんはふとわれに返り

辺りを見回すと、

さっきまでとなりにいた鳥は

いなくなっていました

 

まだこうふんの

冷めないくまさんは、

星を釣れたことが

とてもうれしかったので、

お魚が釣れなかったことを

もう忘れていました。

 

月あかりがいらないほど、

釣りあげた星が帰り道を

明るく照らしてくれました。

 

f:id:a88122567:20170219145248j:plain

おうちに帰ると

テーブルにはお母さんからのメモが

のこされていました。

 

にざかながあるから、

チンして食べるのよ。」

 

くまさんのお父さんとお母さんは、

お仕事に行っているので

朝早くからおうちを出かけ、

夜もおそくまで帰ってきませんが、

くまさんはそのメモを見ると

ホッとするのでした。

 

今日はおやつのお魚が

釣れなかったので

おなかがペコペコです。

レンジでチンしたにざかなから

ふんわりと

お母さんの匂いがします。

 

そして、いつもは寂しい

一人の夕食も、

お星さまがとなりで

見守ってくれている気がして、

寂しくありませんでした。

  

f:id:a88122567:20170219145253j:plain

くまさんはお母さんのにざかな

食べておなかいっぱいになると

とてもねむたくなってきました。

 

くまさんはいそいでお風呂に入って

すぐにふわふわの

おふとんに入ります。

 

「この星は、大事なものなのかな?

ぼくが大切なおもちゃを

無くしちゃったときは

すごく悲しかったけど、

そのおもちゃが

見つかったときは

すごくホッとしたな。

持ちぬしは

探していないかな?

どうやって返してあげたら

いいんだろう。」

 

そんなことを

ずっと考えていましたが、

とうとう思いつかず、

いつの間にか

ねてしまいました。

 

f:id:a88122567:20170219145300j:plain

次の日、目がさめると

いつものように

お父さんとお母さんは

おうちにいませんでした。

またお仕事に

行ってしまったのです。

 

「昨日のこと、

お父さんとお母さんに

聞いてほしかったな」

 

そんなことを考えながら

お外をおさんぽしようとしたとき

お天気雨がふってきました。

 

とおくの方に、

とても大きなにじがかかりました。

 

「あそこを登ったら、お空に

近づけるかもしれない!!

星の持ちぬしに

会えるかもしれない!!」

 

くまさんは

雨にめれるのもかまわず、

いそいで星を取りに

おうちにもどりました。

 

f:id:a88122567:20170219145308j:plain

 

「わぁ!おっきい!!

なんてきれいなんだ!!

だけど、本当に

ここを登って大丈夫かな?」

 

にじに近づいたくまさんは、

その大きさと美しさに

びっくりしてしまいましたが、

それでも星の持ちぬしに

会えるかもしれないという、

わくわくした気持ちが

どうしてもおさえられません。

 

お天気雨がふる中 

くまさんはゆうきを出して

にじをのぼりはじめました。

 

なかなかてっぺんに

着きませんが、

くまさんはあきらめません。

 

 

f:id:a88122567:20170219154342j:plain

 つづく

 

また見てね(*^^*)

 

お知らせ

今回使用したイラストの制作過程は、日を改めて公開していく予定です(*^^*)

現在公開している分については、「カテゴリー」の「絵本の制作過程・細部」をご覧ください<m(__)m>

 

こちらの記事は、絵本を制作した経緯についてお話ししていますが、ご興味ありましたらご覧ください。

such.hatenablog.jp

 

良いなと思ったら、シェアしてくださるととても嬉しいです(*^^*)<m(__)m> 

ご覧くださり、ありがとうございました(^^)/