読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUCH

イラストでちょっとひと休み

手作り化粧水のススメ

アロマ、スピリチュアル、癒し、健康

敏感肌かつニキビ肌の私が気が付いたこと

 

f:id:a88122567:20160920004125j:plain

こんにちは(^^♪ 夏が終わり、季節の境目ですね。

 

私は敏感肌且つ、ニキビができやすい体質なのですが、(悩み続けて10年以上…(:_;))

私はいつもこの時期になると、お肌が敏感になって、いつもの化粧水が合わなくなってヒリヒリ感じたり、ニキビができやすくなります。

 

きっと私の他にも、敏感肌とニキビにお悩みの方がいらっしゃると思います。

敏感肌のニキビって、ケアするのもデリケートだし本当に大変ですよね。

 

そんな私が最近やっと(笑)気が付いたことがあるので、ご紹介したいと思います。

 

結論までごちゃごちゃ言うと分かりにくいので、率直に言うと、

ズバリ、敏感肌のニキビを治すためにはお肌の常在菌を元気にさせること‼

が、とても大切でした‼

 

常在菌ってなに?って思われる方も多いと思いますので、調べて書きました!追って説明していきたいと思います。

 

 

常在菌について調べてみました

 

最近なんですが、ニキビがひどくなったときに、顔を一日3回くらい洗ってしまったんです。

そしたらいつもよりも顔がヒリヒリしてしまって、これは逆効果だと改めて感じました。

その時、今の私の家のブームがたまたま腸の善玉菌を増やすためにヨーグルトを手作りすることだったのですが、顔にも善玉菌っているんじゃないか⁉と思ったのが、お肌の常在菌について調べるきっかけでした。

 

調べてみて分かったことは、例えば腸の中に悪玉菌と善玉菌とかってありますよね。

 

それと同じで、お肌にも常に菌がいて、それらの菌のことを「皮膚常在菌と呼ぶそうです。

 

その皮膚常在菌の中にも、腸と同じように善玉菌と悪玉菌なるものがいて、その善玉菌的なものを。「表皮ブドウ球菌というそうです。

 

また、悪玉菌的なものは、「アクネ菌」や、「黄球ブドウ球菌」などがあるそうです。

 

これらの皮膚常在菌は、お肌の皮脂を餌にするそうですが、表皮ブドウ球菌は皮脂を餌にして、皮脂膜」という、お肌をいろんな外敵から守ってくれる天然クリームなるものを作ってくれるそうです。

 

皮膚常在菌のバランスが丁度よく整っていると、お肌がしっとりもちもち!いい状態

保ってくれるそうですが、何かが原因でバランスが崩れると、アクネ菌や黄球ブドウ球菌などが大量発生してしまい、お肌が荒れる原因になってしまうそうです。

 

つまり、綺麗な美しいお肌の秘訣は、皮膚常在菌を大切にすることだったんですね。

 

そのお肌にとってとっても大切な表皮ブドウ球菌を減らす行為を私は知らないうちにしてしまっていました。

 

↓私はこちらのサイトが分かりやすかったので参考にさせていただきました。皆さんもぜひご覧ください↓

www.skincare-univ.com

r-yakuzaishi.net

illnesscollege.com

防腐剤が皮膚常在菌を死滅させる|スキンケアしない美肌術

 

もくじにもどる 

 

ニキビ肌の私が陥ってしまったこと

 

よく、ニキビを作らないために、「ストレスをためないでください」とか、

「甘いもの、脂っこいものを控えましょう」といろんなところで見かけますが、

分かってはいるのですがなかなかできないんですよね。゚(゚´Д`゚)゚。

 

仕事をしていればストレスが溜まるのは避けようのないことですし、

「ストレスを他で上手に発散しましょう」と言われても、発散する時間すら取れなかったりしますよね...。

 

また、甘いものや脂っこいものを控えるといっても、女性は特に生理もありますし、

なかなか継続するのは大変だと思います。私も生理前の食欲はどうしてもいつもおさえられません~ (´・ω・`)

 

そんなときにニキビができてしまって、早く治したいからと言ってやってしまいがちなのが、以下のことだと思います。

 

  1. 薬を塗って早く治そうとする
  2. 洗顔の時に強いシャワーで流したりこすりすぎてしまう
  3. いつもとは違う効きそうな化粧水をドラッグストアで探してしまう

 

ちなみに、お肌のケアが上手な方からしたら、そんなことしちゃいけないに決まってるじゃん~!!と思われるかもしれませんが(笑)

 

本当に悩んでるときって、早く治そうとして焦ってしまって、無意識に触ってしまったり、自分では気づかずに判断を誤ってしまったり。私は上記のことをけっこうやってしまっていました。

 

もくじにもどる 

 

間違った方法で頑張ってしまったら…

 

【薬を塗って早く治そうとした結果】

 私なんかは、広範囲にニキビができてしまうことが多かったので、薬も広範囲にたくさん、しかも毎日のように塗っていました。

 

しかしこれでは、薬の殺菌成分によって、お肌にとって大切な表皮常在菌までも殺してしまう原因になってしまっていました。

 

たまに、一部に使うとかならいいのかもしれませんが、治そうとして毎日のように一生懸命ぬるのはかえって逆効果でした。

 

【洗顔の時に強いシャワーで流したりこすりすぎた結果】

 強いシャワーをあてて綺麗にしよう!綺麗にしよう!と頑張るのも、一生懸命こするのも、表皮常在菌にダメージを与えてしまう行為でした。

 

【いつもとは違う効きそうな化粧水をドラッグストアで探した結果】

いつもと違う化粧水を使うことで、いかにもお肌の環境が変わり、常在菌のバランスにも影響をあたえてしまいそうですよね。

 

私はニキビができたからといって焦って買った化粧水のなかで、お肌に合わなくて何本の化粧水を捨てたことか…

 

また、調べたところによりますと、市販の化粧水は、防腐剤や無水エタノールがはいっていますが、敏感肌の人はこのような成分がお肌にとってよくない刺激となり、さらに自分の肌を敏感肌にしてしまう原因になるそうです。

 

もくじにもどる 

 

ニキビ肌、敏感肌を治すには

 

つまり、上記のことを簡単に言うと、

ニキビ肌を治す=敏感肌を治す=表皮常在菌を増やす=お肌に余計な刺激を与えない

ということだったんです。

 

言い方を変えると、人によっては、頑張りすぎないということも大切なのではないでしょうか。

 

 また、先ほども書きましたように、市販の化粧水だと長持ちさせるためにどうしても防腐剤や無水エタノールが入ってしまっています。

 

 そこでわたしは手作り化粧水を使うことにしました‼

 

もくじにもどる 

 

手作り化粧水のすすめ

 

私は現在、使って4日経ちますが、本当にいいです!

 

お肌のヒリヒリが落ち着いた感じがしますし、新しいニキビができても、ほんとに少ないし、以前のような赤く腫れあがるニキビではなく、かわいい白ニキビになりました。

 

なによりコスパも最高で、じゃぶじゃぶ使えます。

 

材料、作り方は以下の通りです。

【準備するもの】

f:id:a88122567:20160921194308j:plain

≪化粧水の材料≫

・精製水・・・・・・90ml

グリセリン・・・・5~10ml

・お好みで精油・・・5~10滴(無くてもできます)

 ≪作るために必要な道具≫

・化粧水を入れられる硝子ビン(遮光性のあるものがおすすめ)

・ビンを煮沸消毒できる鍋

・無水エタノール(ビンの消毒用)

 

グリセリンは、多く入れすぎるとべたつくので、わたしは最初一滴ずついれていってその都度様子を確かめながら作りました。

 

【値段(およそ)】

・精製水(500ml)・・・・・100円前後

グリセリン(100ml)・・・350円前後

精油(5ml)・・・・・・・1000円前後

・化粧水ガラスボトル・・・・1000円前後

 

楽天などの通販ですと、5mlの精油が5本で1000円など格安で販売しているところもあります!

※ちなみに私は、ドラッグストア(クリエイト)で精製水500mlを77円、アマゾンでグリセリン100mlで349円、楽天精油5mlを5本で1000円、、楽天で青色ガラスボトル120mlを1098円で購入しました。

 

【作り方】

  1. 化粧水を入れるガラス瓶を煮沸消毒します。気になるところは無水エタノールで消毒しましょう。手作り化粧水は、防腐剤等を入れないため、菌が繁殖しやすいです。ビンを買ってきてそのまま使うのはやめましょう。
  2. 消毒したビンを乾かします。
  3. ビンが乾いたら精製水90mlに、グリセリン5~10mlを入れます。
  4. お好みで精油を5~10滴入れます。
  5. よく振ります。完成です。

 

【使い方、保存方法、注意点】

・肌に合わないと感じたら直ぐにやめてください。

・使う前によく振ってください。

・冷蔵庫で保管し、1週間で使い切るようにしてください。

・使い終わったらまたビンを消毒してください。

・雑菌が繁殖しやすいので、ボトルの口などに触れないようにしてください。

 

精油について】

光毒性のある精油はいれないようにしましょう。紫外線によって皮膚にダメージをあたえてしまいます。

例:ベルガモット、グレープフルーツ、レモン、オレンジビター等

 

≪敏感肌におすすめの精油

カモミールローマン

ゼラニウム

ネロリ

・ラベンダー

・ローズ・オットー

※ちなみに私は敏感肌なので、ティートゥリー等の殺菌効果の高い精油は避けています。私はゼラニウムカモミール・ローマンを入れて使っています。

 

もくじにもどる 

 

最後に

 

腫れていたニキビがだんだん治ってきましたが、こちらがまた数日後どうなるか楽しみです。

 

最後になりましたが、先日ブログのヘッダー部分のイラストを、ファイア・アルパカで描きました。

またいろんな作品をブログを通して描いていきたいです!

 

f:id:a88122567:20160918012739p:plain

 

もくじにもどる 

 

お読みいただき、ありがとうございました(*^^*)